ロボット人間

こんばんは。TORAです。

16日目の記事です。面倒くさがりな僕にしてはよく続いてると思います。自慢ではないけど継続は苦手なんです。難易度高いからこそ"継続は力なり"なんでしょうね。高難度だからこその豪華報酬。ゲームと同じですね。

 

 

僕は極度のめんどくさがり屋です。

全日本めんどくさがりグランプリ ジュニアの部で準優勝した経験があります(ないです)。

 

 

何か物事を始める際、どうしても利害計算をしてしまうんです。

始めるだけの価値がそれにはあるか?と。

始めるには大抵時間やお金、労力を費やします。

それらの犠牲、経済学部っぽく言えば機会費用を払ってでもお釣りが来るだけの利益が見込めるか?ってことです。

はい、マクロ落単しそうなのにイキってすみませんでした。

 

 

例えばバイト。多大な時間と労力を使うからやりたくはないです。

でも金銭という明確な「利益」があるからやる。

 

このブログだって、同じように時間と労力がかかる。

でもそれに見合う楽しさという「利益」が保証されてるからやってます。

 

 

逆に言えば、物理的であれ精神的であれ、何かしらの「利益」をもたらすかわからないものを、わざわざ始めたいとは思わないのです。得するかわからない博打はしない。とりあえずやってみよう!とはなり得ない。それならとりあえず保留でってなります。

 

 

そういう生き方をしてきた結果、僕は非常に狭い人間になりました

何をするにも明確な「利益」が無ければ"めんどい"で逃げ、結局なにもしない。

辿り着いた先は趣味も特技もない、経験も面白みもない、そんな没個性的な人間でした。

 

 

「特技は何ですか?」

僕がされてよく困っている質問です。

確かに、一般人より得意だろうという分野はあります。

でも当然周りには僕よりそれをずっと上手くやる人が沢山いるわけで、なのに特技だなんておこがましいこと言えないじゃないですか。恥ずかしさで全身真っ赤になりそうです。

 

 

中身がない人間なのは自覚しています。

僕は本当に空っぽです。

なら中身を埋める努力をすればいい。

 

 

でもダメなんです。

明確な「利益」がないと、僕は椅子から立ち上がることすらできない。

本当につまらない人間です。

 

 

買い物も同様の理屈で得意ではありません。

「いいな」って思うものがあっても「お金払ってまで欲しいか?」って考えて結局買わないことばかりです。旅行に行っても大抵自分用のお土産を一つも買わずに帰ってきます。別にわざわざ汗水垂らして稼いだ金を使うだけの「利益」はないな、と。

 

 

いつだって後ろ向きのベクトルが働いている。

だから椅子から腰が浮かないのですか。 

 

これじゃまるで、